第二の人生、応援不動産 不動産コンシェルジュ

03-6450-7073
X

最高額、私たちに挑戦させてください。

ブログ

売却コンシェルジュBLOG【YouTube】大切な実家を売る時に知っておきたい状況別の正しい売却方法

2020年5月14日(木)

【YouTube】大切な実家を売る時に知っておきたい状況別の正しい売却方法

【YouTube】大切な実家を売る時に知っておきたい状況別の正しい売却方法

あなたは、実家を売却するうえでの親族間との関係や進め方で、どこからはじめればよいか?何が重要なのか?をご存知でしょうか。

実は、「実家を売る」とひとことに言っても、置かれている状況によって売却の進め方や重要な点は大きく変わってきます。

なぜなら、「所有者である親が住んでいる実家を売ること」と「老人ホームに入所した親の実家を売ること」と「相続した実家を売ること」では、協議を行う相手、手続きや方法・注意点が大きく変わってくるからです。

ここでは、あなたの置かれている状況別に親族との協議の方法や実家売却の進め方、重要な点を動画にてわかりやすくご説明します。

該当する動画をご覧頂ければ今あなたが実家売却において行わなければならないこと、重要視することが理解でき、具体的な行動に移すことができます。

 

高齢の親の実家を売却する正しい方法

「親が高齢になり一戸建からマンションへの住替えを考えている。」「親を近くに呼び寄せて、生活のサポートをしてあげたい。」「介護施設の費用として実家の売却資金を充てたい。」などの理由から実家の売却をお考えの方もいらっしゃると思います。

しかし、ひとことに不動産売却といっても手続きが煩雑なこともあり、高齢の親御様だけではスムーズに進められない事例も多く存在します。

実は親御様がご自身で不動産売却を進められない場合、子供が親の代理人となり不動産売却を進める方法がとても有効です。

子供や親族が親の代理人となり不動産売却を進める方法については次の動画で詳しくご説明しておりますので是非ご覧ください。

 

認知症の親が所有する実家の売却方法

「親が認知症になり、ご自身の生年月日や住所・名前などを言うことが出来ない。」「不動産会社に相談したら、認知症を理由に不動産売却を断られた。」

このように親御様が認知症を患ってしまい、不動産売却という法律行為自体が進められない場合は成年後見制度を利用し、不動産売却を進めることになります。

しかし、成年後見制度は不動産売却を含む全ての法律行為に成年後見人が介在しなければならず、また期間も「被後見人が死亡するまで」か「病気が治るまで」と長期化します。

実は、「認知症=不動産売却が出来ない」という訳ではありません。ご本人様の状況によって成年後見制度を利用しなくても不動産売却を進めることが出来た事例もございます。

認知症の親が所有する不動産の売却については次の動画でわかりやすく解説しておりますので、是非ご覧ください。

 

相続した実家の正しい売却の進め方

相続した実家を売却する場合、不動産売却の行為自体は一般的な不動産売却と変わりません。

注意しなければいけない点は「相続トラブル」と「税金」です。

動画では、「相続トラブルを起こさない為にどのようにお話を進めれば良いか」や「相続した不動産の売却時に係る税金」についてわかりやすく説明しております。

是非ご覧ください。

 

今後も動画にて不動産売却についてわかりやすく説明してまいります。チャンネル登録もぜひお願い致します。

 

記事中のご不明点や不動産売却に関するご相談は売却コンシェルジュまでお気軽にお問合せください。

baikyakuseikou2

baikyakucontact

 


私が記事を書きました。

山﨑 紘靖
山﨑 紘靖過去に200件以上の不動産売却に携わり、 某大手不動産会社で営業成績No,1だった山崎が、 売却の専門家として、あなたの「最高額で売れた」をサポートします。

関連記事

PAGE TOP

PAGE TOP

問合せ